屋根2020

NEW

「屋根2020」台本

NEW

「屋根2020」台本

¥1,500(税込)
売り切れ
シェアする

商品紹介

テレビ朝日開局60周年ドラマ「やすらぎの刻~道」(2019年4月~2020年3月)の放送を記念して、2020年4月に富良野と東京で公演される予定でした、作・演出 倉本聰の舞台「屋根」。この作品は、ドラマの中で主人公の脚本家が書き上げ、「脳内ドラマ」(劇中劇)として映像化された「道」というシナリオの原作にあたる演劇作品です。1年間という長い時間をかけてじっくり描けるドラマ「やすらぎの刻~道」と違い、約2時間の上演時間の中で全てを表現しなければならない演劇作品ゆえに、ちょっと複雑なドラマの登場人物の相関関係に対して、特に家族関係はシンプル。公平・しのの夫婦の間に、一平、次郎、三平、夕子、凉子、里子、四郎、五郎と子だくさんの大家族が織りなす、大正、昭和、平成の故郷の家族の喜怒哀楽。ドラマで長男・公一を演じた佐藤祐基さんは、公平の長男の一平役を。A.B.C-Zの戸塚祥太さんは、家族思いの三男坊・三平役(ドラマでは公平の兄)を、この台本と真剣に向き合い、大切に大切に演じていました。ファンの皆さんには、叶わなかった舞台上演の彼らの熱演を想像する縁(よすが)に。
そして倉本聰が、ドラマで伝えたかったことが、その原点でもあるこの舞台の「台本」を通して、より鮮明に浮かび上がります。


ページ数:本文195頁


【発送開始予定日】
2020年6月上旬〜中旬頃から順次

【注意事項】

・商品画像はイメージです。実物と異なる場合がございます。予めご了承ください。
発送開始予定日は前後する場合がございます。
・発送時期の異なる商品と同時購入された場合は、発送日が一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。
注文毎に別途送料がかかります。一度別々に注文された商品をまとめて発送することはできかねます。予めご了承ください。
・商品の発送は、日本国内に限らせて頂きます。

▽詳しくは「ご利用ガイド」も併せてご確認ください。
https://system.axelstore.jp/v2/help/help.aspx?ccode=AXST
 

商品サイズ

A5
PAGE TOP